2018年11月号「人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.7」 L.E.T.修了者用ニューズレター

セカンド・ウィンド株式会社は、社員研修、管理職研修、中堅社員研修、新人社員研修としての研修プログラムである米国ゴードン・トレーニング・インターナショナル(GIT)社のL.E.Tリーダー研修を日本で唯一提供しています。

>L.E.T.修了者用ニューズレター

2018年11月号「人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.7」

人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.7
 
Date: November 16th, 2018 | BY Dr. Thomas Gordon
 
(L.E.T. bookからの引用)
 
I-メッセージとギア・シフト パート3
 
1.   changer(変える人):あなたは時間の束縛があって、自分の数字をチェックする時間がとれなかった、ということで合っていますか?
2.   changer(変える人):他の患者の病室にいる時は呼び出しライトに気づかないということでしょうか。そして、患者が自分でできることをあなたにやってもらおうとナースコールをすると、あなたは苛立ってしまうということですね。
 
伝える姿勢から聴く姿勢にシフトすることは、私たちのL.E.T.ワークショップでは、「ギア・シフト」と呼んでおり、対決する状況においていくつかの非常に重要な機能を果たします。
 
1.   changer(変える人)がchangee(変えられる人)の立場――彼女の感情、防衛、理由を理解し、受容していること(もちろん、同意した訳ではありません)を伝えます。これにより、changee(変えられる人)が快くchanger(変える人)の立場を理解し、受容しようとする可能性を高めます(「彼女は私の話を聴いてくれている。私も彼女の話を聴こう)。
2.   ギア・シフトは、changee(変えられる人)の感情的な応答(傷ついた、恥ずかしい、怒り、後悔の念)をなくすのに役立ち、行動変容の可能性のための道を開いたり、後程説明しますが、相互に問題解決するための道を開いたりします。
往々にして、changer(変える人)の態度に変化をもたらす結果となります。以前は、相手の行動が受容できないものであったのが、それを受容できるようになります。(「あぁ、あなたがなぜ患者の呼び出しライトに気づかなかったのかわかりました。見えなかったのですね。」)

2018年11月号【2018年11月号】

プログラムに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

セカンド・ウィンド 株式会社
お問い合わせ〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-8-10-601 エスタシオン高円寺


お問い合わせ