2018年8月号 「人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.4」 L.E.T.修了者用ニューズレター

セカンド・ウィンド株式会社は、社員研修、管理職研修、中堅社員研修、新人社員研修としての研修プログラムである米国ゴードン・トレーニング・インターナショナル(GIT)社のL.E.Tリーダー研修を日本で唯一提供しています。

>L.E.T.修了者用ニューズレター

2018年8月号 「人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.4」

人にひらめきを与え、教えるトーマス・ゴードン博士のリーダーシップに関する引用 No.4
 
Date: August 11th, 2018 | BY Dr. Thomas Gordon
 
(L.E.T. bookからの引用)
 
私が問題をもつ時
 
Pages 101 – 104:
相手を効果的に支援する方法について理解したところで、今度はあなた自身を支援する方法を知る必要があります。他者との人間関係において自分たちのニーズを上手く満たすことができる人がいますが、それはなぜでしょう? 相手の行動があなたに問題を引き起こす時、どうやったらその人があなたに対して憤りを感じず、メンツを失わないで、行動を変えるような影響を与えることができるでしょうか?
私たちは皆、相手の行動が受容できないとか、私たちに問題をもたらしているとかいうメッセージを相手に伝えることを躊躇します。相手が傷ついたり、怒ったり、私たちを嫌いになったりするリスクがあります。そのような恐怖には正当な理由がない訳ではありません。誰が、あなたの行動は受容できないと言われたいでしょうか?人は高い頻度で、対決に対して、聞きたくないという否定的な反応を示します。そこから口論になるかもしれません。あるいは、相手は批判的なメッセージで報復するかも知れません。あるいは、相手は傷ついたり怒ったりして、その場を立ち去るかも知れません。あるいは、相手は防衛的になったり不愉快になったりするかも知れません。ですから、相手に対して自らを主張して対決するには、ある程度の勇気が必要です。
さらに、リーダーが対決することに不安を覚えるもう一つの重要な理由は、彼らが使用する特定の言葉が、もともとは彼らが子供だった頃、彼らに対決した大人たちから学習したもので、それが抵抗や報復を引き起こしたり、対決した相手との人間関係を傷つけたりする可能性が高いからなのです。私たちのL.E.T.ワークショップでは、インストラクターは簡単な演習を行い、その結果は一貫して、リーダーが問題を引き起こす相手に対決する時、対決のメッセージで使われる言葉は、不快だったり、脅迫的だったり、批判的だったり、道を説くものだったり、見下していたり、皮肉っぽいものだったり、対決された方の自尊心を傷つけたりするということを示します。

2018年8月号【2018年8月号】

プログラムに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

セカンド・ウィンド 株式会社
お問い合わせ〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-8-10-601 エスタシオン高円寺


お問い合わせ